修理専門の業者に頼むデメリット

iphoneが保証外になる可能性

正規店は修理依頼のみならず機種交換などが目的の人もいるので、休日を中心に混雑します。修理依頼ができるのは何も正規店だけではないので、修理専門業者に依頼する方法もあります。これ自体はiphoneを修理する為の一つの手段に過ぎないですが、デメリットとして保証外になってしまう可能性が考えられます。
内部の部品が交換されたりしていると、正規店の人はすぐに見破ります。発覚した時点で保証外となるので、その後不具合が発見されて無償修理が実施されても受け付けてもらえないです。それでも構わないという考えであれば修理業者は心強い存在となります。ただ、せっかくの保証が無駄になってしまうのは基本的に損なのでなるべく避けます。

業者の技術がよく分からない

正規店での修理はマニュアルを元にして、正規の部品を取り付けます。マニュアル通りの作業をすれば不具合は解消できますし、一番確実な方法でもあります。修理専門の業者も相当な知識を持っていますが、その技術は見た目だけで判断できません。当然技術的に不足している業者は評判が悪くなって淘汰されてしまいますが、苦情を言おうと思ったら既に連絡がつかない状況では困ります。 業者によっても得意な部分とそうでない部分がある場合があり、何かと不確かなのです。せっかく修理したのにまた不具合が発生したりデータを失うなどすれば大きな損害です。正規店での修理より多少安いケースがほとんどですが、最初から正規店で確実な修理をした方が安心できます。

iphone修理を吉祥寺周辺で探す場合、まずは比較サイトで調べてみましょう。その後で持ち込みするのがオススメです。

iPhoneの画面が割れた!ボタンが陥没した!そんなときに修理に出す方も多いと思います。購入した携帯ショップに持っていって修理を頼む方もいれば、直接専門の業者に頼む方もいらっしゃると思います。それぞれのメリット、デメリットや注意点をお伝えします。

携帯ショップの場合

修理専門の業者の場合

© Copyright iPhone Repair Control. All Rights Reserved.